So-net無料ブログ作成

スリーエフ ローソンとの資本業務提携契約、延期へ [ニュース]

神奈川県が地盤で首都圏におよそ560店舗を展開する中堅のコンビニエンスストアチェーン、スリーエフは30日、コンビニ業界2位のローソンとの資本業務提携について、12月中の契約の締結を延期すると発表しました。

当初、12月下旬の契約締結を予定していましたが、業務提携の内容の細部を詰める作業が残っているとして、契約を来年1月以降に延期すると発表しました。

一連の交渉で2度目の延期となります。

これについて両社は「協議は良好に進んでいて、提携が無くなる可能性はない」としています。

提携の内容は、ローソンがスリーエフの株式を最大で5%取得するとともに商品の開発や仕入れなどを共同で行うというものです。

コンビニ業界では、激しい競争を背景に、業界1位のセブンーイレブン・ジャパンと2位のローソン、それに3位のファミリーマートの大手3社と中堅以下の各社で業績の格差が広がっていて、大手3社に集約される形で再編や提携の動きが加速しています。


私個人としましては、スリーエフとローソンの提携は、好意的に受け取っています。

私の自宅から歩いていちばん近いコンビニが、スリーエフだからです。

ちょっとした買い物や、公共料金に支払い、銀行ATM、マルチコピー機の利用など、日常生活には、欠かせない存在なので、ローソンとの提携により経営体力を付けていってもらい、撤退だけは避けてもらいたいのです。

それに加えて、ローソンで提供されているサービスを、スリーエフにも展開してもらえると、とっても助かります。

特に、マルチコピー機を使用した行政サービスの各種証明書の発行は、大いに期待したいと思います。

いずれにせよ、来年1月の提携契約の正式締結に向けて注目していきたいと思います。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX取引用語

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。