So-net無料ブログ作成

明るい安村 紅白に出演決まる [芸能]

パンツ一丁で「全裸に見えるポーズ」で今年、大ブレークしたお笑いタレント「とにかく明るい安村」の紅白出演が決まった。

NHKは24日、大みそかの「第66回紅白歌合戦」の曲順を発表したが、安村は4番目に登場する伍代夏子の「東京五輪音頭」に出演し、盛り上げ役を担当することとなった。

伍代のステージでは来年のリオ、そして2020年に控えた東京オリンピックを対戦相手のSexy Zone、安村と共に紅組・白組が一体になって盛り上げる。

豪華アーティストたちに混ざった安村の姿に注目しよう。


安村はこの日、ベルサール秋葉原で行われた競馬のテーマパーク「ARIMAEN」のPRイベントに出席していた。
記者から紅白についてのコメントを求められると、「えっ? まったく聞いてませんよ。どっかで滞っているのかな」とおどろいた表情を見せた。


今年の東京オリンピック関連ニュースでは、さまざまなトラブルが目立ったが、最後に歌と笑いでポジティブな雰囲気を醸し出す。


「東京五輪音頭」は1964年の東京オリンピックのテーマソングで、三波春夫さんらが歌った。
この曲は、1963年6月23日に三橋美智也さんの歌唱で楽曲が発表された。

様々なアーティストの競作で発売されたが、最も売れたのは三波盤で、1964年末までに130万枚を売り上げた。
三波春夫さんが東京オリンピックの年のNHK紅白歌合戦のトリを狙う目的で、集中的にプロモーションを行ったことが三波盤のヒットに繋がったという。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX取引用語

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。